フォト

自己紹介

  • べべです。
    ハンドメイドと 動物と、 海と、 音楽が好き。 詳しいプロフィールは こちら ↓↓↓

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月30日 (水)

やったぁ!

ナリスでビューティーアドバイザーをやってる友達に、メガビューティーLEDっていうエステ機器を借りちゃった!
でもって、お試し用のすごく「お高い」ローションやクリームのサンプルも使わせてもらったので、お肌ツルツル!

えっ、1回使っただけでそんなに変わるのかって?
変わりましたよ、もちろん!
いや、そんな気がするだけかな…

うれげに(これって方言?)「見て見て!きれいになっとる?」って夫に聞いたら、
「よくわからん…」
とは言われたものの、触ると明らかに違うんだから!
私にはわかる!

あっ、見た目が変わらなきゃ意味ないか~

でもきっと、ずっと使ってたらすごく美肌効果はあると思う。
ただ、明日には返さなきゃいけないから、目に見える効果は期待できないだろうけど…
まぁ、私が今以上の美肌を目指すと、10代の肌になっちゃうからね(なーんて、負け惜しみさ!)

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2006年8月29日 (火)

楽しい☆

ブログを始めて2ヶ月が過ぎた。
自分で記事を書いていくのも もちろん楽しいんだけど、今一番楽しいのは 人のブログを読むこと!

普段会っておしゃべりして よく知っているつもりの友達でも、「こんな真面目なことも考えてるんだ~」とか、「こういう面もあったんだね」とか、いろんな側面が見れて驚いたりする。

ぜんぜん知らない人たちのブログも、いろんな年代の、いろんな職業の、いろんな考え方があって本当におもしろい。
悟ってる人、悩んでる人、頑張ってる人、ちょっと休憩中の人、いろんな人たちの話を読むたびに、感心したり 応援したくなったり、いっしょになって感動してしまったり…
自分ひとりの人生だけでは 経験も知ることもなかっただろうたくさんの事に出会える。

本当に楽しーい!

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

2006年8月28日 (月)

禁酒宣言

またやってしまいました、二日酔いです!
もう最悪~

いや、最悪なのは二日酔いじゃなくて、ゆうべの記憶がほとんど無いって事。
で、かなり旦那様に面倒をかけてしまったらしい…。
記憶がないので、自分がやらかしてしまったことがよくわからないのだけど、聞くのが怖い!
いつ見捨てられてもおかしくない状況ですな。

なのに旦那様ときたら、仕事前に私のお昼ご飯まで作って出てくれてるんですよぉ!
出来すぎです!

いやいや、のろけ話がしたいわけじゃなくて…

つまりこのままではいけないってことで、ここに禁酒宣言をいたします!!

「今度はいつまで続くかね~」とか、
「顔怪我したときも言ってなかった?」
という声もちらほら聞こえてきますが、もう今度という今度は本当に懲りました。
旦那様に捨てられる前に、改めなきゃ。

せめて1ヶ月くらいは、いや夏の間だけでも(もうすぐ秋じゃん)、やっぱ1週間かな…って、もう挫折しかけてるし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月26日 (土)

バッドハンドって…、アリ?

夫が念願の新しいデジカメを買ったので、お古が私の元に。
デジカメもらっても 印刷も編集も出来ないしな…と思っていたが、ブログを始めることになり、仕事でもいろいろ使う機会があるので ここらで夫に頼るばかりでなく自分で操作できるように頑張ってみようかな!と思っていた矢先、突然壊れてしまった。
何の前触れもなしに!

落としたわけでも、ぶつけたわけでも、乱暴に扱ったわけでもない。
ただ普通に電源を押しただけなのに、レンズカバーが開いたところで 突然動かなくなった。

「やっぱりあんたはバッドハンドじゃ!」と夫。
その人が触っただけで、いろいろなものが壊れてしまう。そういう人を、バッドハンドの持ち主と言うんだって。

「えぇ~、私そんなにいろいろ壊してないじゃん。まだ3つくらいなもんよ。」と反論したが、
「偶然も、3回続けば必然だって。」と言い返されてしまった。
「他のは壊したっていうか、調子が悪くなっただけですぐ治ったでしょ。」と、さらに申し開きをしたものの、
「調子を悪くさせること自体、バッドハンドなんだって!」だそうな。

ふん、どうせ!
買ったばかりのDVDプレーヤーが映らなくなったのも、時計が動かなくなったのも、パソコンの調子が時々悪くなるのも、車のエンジンが掛かりにくくなったのも、ビデオデッキから変な音がするのも…、全部私のせいでございます!!

そんなことってアリ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年8月24日 (木)

夏休み

子供たちの夏休みも残り後1週間、2学期が始まるのをわくわくしながら待っているのは、私ひとりではないはず…

まず美容院に行きたい。鏡を見るたび、もう限界だと思う。髪がふくらんで、もさもさし始めてるのだ!
それから太極拳の教室が、9月から始まる。かっこよさげなトレーニングウェアでも新調しに行こうかな!
あと美白エステ。夏の間、ほとんど無防備に紫外線を浴びまくったので、ここらでお肌をいたわってやらねば…
友達と1日メイクスクールにも行く約束してるし、秋といえば読書!図書館にも行きたいし、ひさーしぶりにひとりでゆっくりランチもいいな~。
あと、夏休み中 子供たちと毎日遊びほうけてばかりだったので、家の大掃除もしないと!
涼しくなってきたのだから、もうちょっと気を入れて仕事もがんばらないといけないし…

とまぁ、休みが明けたらやりたいことでいっぱいなわけだけれど、休みが終わるまでに 子供にさせないといけないことが、実はいっぱい残っているのだ。

そう、宿題!!

1年生だというのに結構たくさんあって、まだほとんど手つかず状態。
やらなかった本人も悪いが、まだ1年生なのにやらせようともしなかった私が暢気すぎたのだ。どうしよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月22日 (火)

青嵐

   ラムネ瓶の青よりあおし青嵐

   サイダーの飛沫はじけて青嵐

なんでいきなり俳句?かというと、今日、仕事場で書類を整理しているときに 見つけてしまったのだ!昔使っていた俳句手帳を。

恥ずかしながら私は、その昔詩人を目指していた。
その延長で俳句もやっていたのだが、「馬酔木」っていうとこの先生に教えてもらって、結構本格的にやっていたので あのまま続けていたら今頃“若き女流俳人”になってたりして!
いや、それはないか…

今はもう、詩も俳句も書けない。
あの頃はいつも、感覚をぎりぎりまで研ぎ澄ませて、いろんなことを痛いくらい感じていた。そのおかげで、詩も俳句も、いくつか賞をいただいたりしてた。
でも、精神衛生上良くはないと思う。
本当にいつも、心が痛かったから。

今は、のほほーんと生活している。それが良いことか悪いことかはわからないけど、毎日がとても心地良い。

今でも詩や俳句は大好きなので鑑賞はするけど、自分では作れない。

今の仕事でも、もちろん感性は大事。でもそれは、昔みたいな 破滅的だったり、刹那的だったりするものではなく、感動したり喜んだり、プラスに向かうものだと思う。
私の中のどろどろした部分や、自分を壊してしまいたくなる欲求を吐き出すためのものではない。

もちろん、何かを産み出すときのあの苦しみは伴う。思うように出来なくて、何回も何回も作り直したり、後少しってとこまで出来てもなんかイメージと違って、結局全部ばらしたり…

それでも、出来上がった作品が 誰かに喜んでもらえたり、ワクワクした気持ちになってもらえるのは嬉しい。

だから同じ創作活動でも、もう詩や俳句は作れない。

だけど、日の目を見ることの無かった昔の作品たちを かわいそうなので時々ここで披露させてやってください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

クレーマー!?

同じ日本語で話しているはずなのに、なぜだか理解しあえない人がいる。

お店の商品や、私の作品に対してクレームをつけているわけではないし、本人は悪気があって言っているのではない。
それはよくわかるのだが…

どうしても、周りの人を嫌な気分にさせることばかり言ってしまう人がいる。
無理な要求をしているのに、それが理不尽なことだとも思ってない様子。

ちゃんと説明して わかってもらおうとしても、全然私の話してる意味が通じてない。
話しているうちに混乱してきて、こっちが間違っているような錯覚さえしてしまう。

なんでだろ~。

しかも、それなのに 私に対して好意をもっていただいてるみたいで、余計にややこしい。
仕事なので、自分の好き嫌いだけで斬り捨ててしまうわけにもいかないし…

あ~、嫌だ!
こんなことで悩んでる自分も嫌だ!

甘いものでも食べて、ふっきろう。
今日もがんばるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月21日 (月)

明日は…

明日は…

明日は講習会。この作品、材料費が結構高めなのでどうかな…って思っていたら、以外と人気だった。さぁ、明日も頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月19日 (土)

ビーズ通信「9月号」

ビーズ通信「9月号」

   ビーズステッチに挑戦!

今、ビーズステッチが熱い!
「オフルームのチョーカー」とか、「オフルームのブレスレット」などのキットも見かけるが、オフルームというのは ルーム(織り機)を使わないで作る、という意味。
針と糸で簡単に、短時間で繊細なアクセサリーが作れるので、今 人気急上昇中!
9月の講習会では、ブリックステッチという編み方を使ったリングに 挑戦してみましょう。
ローズとゴールド 2種類のスワロフスキーパールから選べるので、お好きな秋色アクセサリーを作ってみてください。(抜粋)


と、以上が今月のビーズ通信。

ビーズ通信というのは、私が書いてる講習会の広告。

暑くて全然創作意欲も湧かず 文章も浮かんでこなかったのだが、気が付けばもうすぐ9月!
お尻に火がついて、慌てて作品を作り ビーズ通信を書いた。

来月はちゃんと余裕をもってやろう。反省…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

目が、痛い…

ビーズやって、チラシ書いて、レシピ作って、キットを作って…
雑誌見て、通販カタログ眺めて、本を読んで…
携帯メールして、PCメールもチェックして、ビーズの質問に返信して…
テレビ見て、撮りためたビデオ見て…
人のブログ見て、自分のブログ書いて、

目が過労死しそう!
ただでさえド乱視(眼科の先生がそう言った)で見えにくいのに、最近どんどん視力の衰えを感じている。

じゃあ早く寝ればいいのに、つい…

| | コメント (2) | トラックバック (4)
|

2006年8月17日 (木)

悪夢

昨日の疲れが出たのか、夏バテなのか、めまいがひどかったので少し横になっていた。

すると、ついうとうとと眠ってしまったらしい。
夢を見た。

私と子供たちが食事をしていると、となりの部屋から異様な雰囲気。
様子を見に行くと、なんと部屋中が死体の山!
ギョッとしつつも、どうしていいのかわからずに呆然としていると、見知らぬ中年の夫婦が うちで食事をしているのを発見。
「ここは休憩所でも、食事をするところでもないよ」
と文句をいってもまったく無視。
するといつのまにか旦那が登場していて、数人の男たちに死体を運び出させている。
「警察に連絡したから、指紋を採って。」と、セロハンテープみたいなのを渡される。
死体は皆外国人のもので、腹部を刺されて血を流していたので、死体が無くなった後も部屋のカーペットには血痕が残っている。
ウジ虫もわいている。
後かたづけどうしたもんかな~、吐きそう…

そこで目が覚めた。

どーっと体が重くなっていた。寝たのに余計疲れるなんて…

怪物に襲われるとか 幽霊に追いかけられるとかじゃなく、なんか微妙な悪夢だったので返って気分が悪い。

なんか意味でもあるのかな~。
夢占いの本でも見てみようかな…

あ~、本当に気分悪い…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006年8月16日 (水)

ひさーしぶりに、故郷の島に帰ってきた。

直線距離にすると そう遠い場所ではないのだが、家から車で駅に行き そこから10分電車に揺られ さらにフェリーで15分、でやっと島に到着。そこから家まではまたさらに4キロの海沿いの道を タクシーで走り、残り1キロは細い山道を登って行かなければならない。足も遠のいてしまうというものだ。

まぁ、最初から陸の道を廻れば、1時間ちょっとで到着できるのだが 初心者マークが外れたばかりでしかも方向音痴の私には、無事に行って帰る自信がない。

だけどやっぱり、島は良かった!
潮風も海の匂いも 心地いい。ところどころ、新しい家や道ができていて違和感を感じたが、それは島を出た人間のエゴなので 文句は言えない。

しかも私の育った家は 島の山のてっぺんにあるので、今日は山の自然も満喫できた。大満足!

やっぱり田舎はいいな~って こんな時思うのだが、今住んでる所も充分田舎だって、みんなには言われる。
まあね~、島にある山のてっぺんから 港町を見下ろす山の中腹に変わっただけだからね…。
都会ではないよね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月15日 (火)

生き物観察

生き物観察

うちの三葉やパセリを食べてた 豹柄のイモムシが サナギになってた。いったいどんな蝶になるんだろう?いや、もしかすると蛾になるのかも!?なんか楽しみ〜☆

そうそう 蛾といえば、この前私が「ハチドリだ!」って ひとりで大騒ぎしてた生物は、なんと蛾だった。
妹に、「よくハチドリに間違えられる蛾がいるらしいよ」って聞いて、「まっさかぁ〜」とは言ったものの、ネットで調べてもらったら やっぱりそうなんだって。びっくり〜!
でも私と同じように、蛾のことをハチドリだと言って、大騒ぎする人が他にもいるとわかって なんか安心した。
その蛾にとっては、間違えられてばかりで失礼な話なんだろうけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月14日 (月)

CSI 科学捜査班

今はまってるテレビ、WOWOWの海外ドラマ 「CIS 科学捜査班」シリーズ!!

一番最初のラスベガスが舞台のシリーズと、CSI:マイアミシリーズ、CSI:ニューヨークシリーズの3作あるのだが、私が一番好きなのは CIS:マイアミ!
これは3シーズンで終わって、今1シーズンから再放送中なので 毎日ビデオで録画して見ている。

ラスベガスのグリッソム主任もかっこいいけど、やっぱりマイアミの主任ホレイショが最高!初めは「かっこつけなおじさん!」って思ってたのが、だんだん本当にかっこよく見えてきて、今はもうすっかり夢中!

女性捜査官で好きなのは、ニューヨークのステラ・ボナセーラ。めちゃ悪そうな凶悪犯に威嚇されても怯まないタフな反面、女性らしい優しさとか母性とかも持っている。私の理想の女性なのだ!

他にも、マイアミのスピードル捜査官や 捜査官ではないけどNYのチャドが味があっておもしろいキャラだと思う。

もちろん登場人物の魅力もだけど、ドラマ自体のストーリーも 毎回ドキドキで目が離せない!本当に最高なんだってば!!

残念なことに、私の周りでは誰もこの「CSI 科学捜査班」シリーズを見てないので、そのおもしろさについて熱~く語り合いたくてもできない。

なので、ブログでちょこっとだけ語らせてもらいました。

今月末からは、NYシリーズの再放送が始まるし、ラスベガスの「CSI:5」の最終話は Q・タランティーノが監督をやってるらしいので 今からでも間に合います、WOWOWに加入されてる人は是非 見て見て見て~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月11日 (金)

海だぁ!

海だぁ!

今日は海に行ってきた。

島っ子の私には、海はココロの洗濯場!子供達以上に大はしゃぎしてしまった。

よく、「サーフィンとかしてそう。」って言われるのだけど、私が得意なのは 同じマリンスポーツでも、平泳ぎと素潜りとボート漕ぎ!ボード系のオシャレなやつはやったことありませんってば!!

海は青くてきれいだったし、子供達の イヌカキなんだか溺れてるんだかよくわからない 面白い泳ぎは見れたし、私はまたまた真っ黒に焼けてしまったし、ココロゆくまで 海を満喫できた一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (3)
|

2006年8月10日 (木)

子供はほめ

子供はほめて育てろってよく言うけど、ほめるのって結構難しい。

ヘタに「うわぁ~、すごいね!」とか、「上手にできたね」などとほめても、どこがどうすごいのか、いつもと比べて何が上手なのか聞き返されたりする。子供ながら、相手が適当にほめていることを 見透かしているのだ。

もちろんこれは、子供に限ったことではない。ほめられているはずなのに あまり嬉しくなかったり、自分では相手をほめているつもりなのに ムッとされたり…

私のビーズ作品を、「まるで詩のように美しいです。」とほめてくださった方がいたが、私は正直、(?)だった。どうせほめるなら、わかる言葉でほめてくれ!

講習会の作品についても、「前に比べると、だんだん良くなってきてますね。」と、生徒さんにほめられたときはショックだった。前の作品にも 自信を持っていたのに…

進学校で有名な高校卒の友人に、「頭のいい人は違うよね。」とか、「さすが!学歴が違うね。」と言ったら嫌な顔をされた。嫌みに聞こえたらしい。

なので私は、むやみに人をほめないことにしている。よく考えてみると ほめるときって、おだててやる気にさせてやろう(子育てでほめるのってこれが目的!?)とか、相手をいい気分にさせて 自分に好感をもってもらおうとか、ある意味利己的な気持ちも含まれているんじゃないかな。

適当にほめたり、自分や人と比較してほめない。ほめることで、相手の気持ちをコントロールしようとしない。ほめるというよりは、素直に自分が感じた 相手の良いところを伝えられるようにしたい。

「口は災い…」って言うけど、ほめても嫌な気持ちになるんだから 言葉って、というか 人の気持ちって、複雑だ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月 9日 (水)

繰り返されてゆく…

みんなそうなのかもしれないけど、うちの子供たちはよく「足が痛い…」といっては夜中に泣いて起きる。

で、仕方がないので 眠い目をこすりながら、半分うつらうつらしながら私が足を揉んでやるのだが、そうしていると昔 私も同じように 母親に足を揉んでもらっていたことを思い出す。

私の足を揉んでくれながら母親は、「お母さんも子供の頃 よく足がいたくなってね、夜眠れなくて泣いていたら、おじいちゃんが起きてきて こうやって揉んでくれよったんよ。」と話していた。

私も子供に言ってみようかな。「ママも子供の頃 足が痛くて泣いてたら、ばーばがよく揉んでくれたっけ…」って。

で、この子たちが大きくなって子供ができたら、またその子も足が痛いと夜泣きして、父親になった息子が 足を揉んでやりながら言うのかな、「お父さんも子供の頃…。」って。

考えるとおもしろい。こういうのを順送りって言うのかな。それなら私たちは、なるべく良いことを順送りにしていきたい。もし私の母親が足が痛くて泣いてるときに、祖父が「うるさい、我慢して寝ろ!」って怒鳴っていたら、私が子供の時も 同じように怒鳴られ、今私も 子供たちを怒鳴っていたかも…。それを考えると、子育てって責任重大だ~!

なんて、哲学チックなことを考えてしまった夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月 8日 (火)

おそるべし

なぜか、私の周りには ものをはっきりと言う人間が多い。

仕事の愚痴をこぼせば「くだらん、そんなことで悩むな!」と言う友人。

いい加減な仲間に「あんたはあてにならん。」と、斬って捨てる同僚。

そのつもりはないのに、つい人の地雷を踏んでしまうと悩む友達。

でも、そんな彼女たちにすら「ちょっとそれはよう言わん」と負けを認めさせてしまうのが、私の妹だ。

妹は去年、某有名化粧品メーカーで働いていた。で、その時上司に 自社の化粧品を使うように言われ、「嫌です。」と一言で返したそうな。

「じゃあこの会社 辞めたら?」と言う上司に、「そうですね。へへっ」っと、へらへら笑いながら答えたらしい。

確かに、自分に合う化粧品以外は使いたくない気持ちもわかるが、それなら口先だけでも「使ってます。」って言えばいいものを…と、私も母も その話を聞いてあきれてしまったものだ。

こんな話はまだまだかわいいもので、私の気弱なブログに書けないような武勇伝が、妹にはたくさんある。

まぁ、人に少々何を言われても、私がムッとならずにすむのは この妹に鍛えられてきたからなのかも!? 

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年8月 5日 (土)

不思議生物

不思議生物

今、今、不思議な生き物を見た!最初、スズメバチ?って思ってたら、なんか違う…。せわしなく飛びながら、細い口で密を吸う姿は テレビでみた、ハチドリみたい!確かに尾羽根らしきものも…。でもハチドリって、熱帯とかだけにいるものだと思ってた。それは私の無知?それともやっぱり別の生き物?突然のことだったので、うまく写真がとれなかった。一応これです。って、どこにいるのかも見えないね、この写真…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

先生って

夏休みだというのに、次男の通っている幼稚園はほとんど毎日 サマースクールをやっている。

サマースクールっていうのは自由登園の日で、それがない日は未就園児たちを遊ばせる日だったり、夏祭りやお泊まり保育などの行事があったり、先生たちに夏休みはないらしい。

長男の小学校も、毎日プールや勉強会、児童会などでいつも先生たちがいる。

なんにも知らない頃は、「先生って職業、夏休みがあっていいよね~。」なんて思っていたけど、大間違いだった。

仕事って、他の人には分からない大変さが いろいろあるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年8月 3日 (木)

ブースカフェ

1回だけ、ブースカフェっていうカクテルに遭遇したことがある。

むかーしよく行っていた広島のバーで、常連のおじさんが 連れのお姉さんのために頼んだのだけど、実物を初めて見た私は 感動してしまった。

比重の違うリキュールを、重い順に入れて作る虹のようなカクテルで、「腕のいいバーテンしかつくれませんよ」と、そこのバーテンさんが 自分で言っていた。

確かにそうだろうな…とは思う。いくら比重が違うと言っても、水と油ではなく同じアルコールなんだし、実際 みんなでストローを使って回し飲みしているうちに、虹のような層は混ざり合ってしまった。

ブースカフェ、もう多分 一生見ることはないだろうなと思う。わざわざ自分のために頼もうと思える味ではなかったから。混ざり合ってしまったブースカフェを飲み干すのは、かなりきつそうだった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2006年8月 2日 (水)

「ことりさ

「ことりさんもらってもいいでしょ~」って、子供が小鳥を抱えて帰ってきた。

「ええ~っ!?」私は、自分の耳と目を疑った。

そーっと シャツの中から出したのは、インコでも十姉妹でもカナリヤでもなく、スズメでもツバメでもなく、なにかわからない小さなひな鳥だった。

話を聞くと、近所の家に迷い込んだ小鳥を、たまたま遊びに行っていたうちの子供たちがほしがって、もらって帰ったというのだ。

これは困った~

このまま外に放しても、100%ノラネコやカラスの餌にされてしまうだけだろうし、後先考えず動物を拾ったりもらったりしてしまうのは、我が家の血筋なのか 私もその気持ちはよーくわかるので、返してこいとは言えない…

でも、生き物を飼うのは本当に大変だ。なんといっても、種類も飼い方もわからない小鳥を、どうやって育てたらいいのか!

といいながらも、私たちは鳥かごを買いにホームセンターに行った。

とりあえず無難なかごと、インコも十姉妹も文鳥も、その他いろいろな小鳥が食べるという餌を買って帰った。

仕事から帰ってきた夫が、びっくりしながらも ネットでその小鳥の種類を調べてくれた。(私はネットの便利さにびっくり!)

「シジュウカラ」という種類の小鳥だった。スズメの仲間らしい。名前は聞いたことがあるような気がする。

野生の鳥だからなのか、ネットでもシジュウカラの飼い方は詳しく載ってなかった。

木の実や果実、草花の種、穀物、昆虫などを食べるということはわかった。ようするに、何でも食べるってことだな。

子供と自分の面倒だけで手一杯の私が、小さな小鳥を育てられるのか不安だが やってみるしかない。半日一緒にいただけで すっかり情が移ってしまった。

明日は図書館で、シジュウカラについて調べてみよう。この歳になって、夏休みの自由研究をしている気分だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »