フォト

自己紹介

  • べべです。
    ハンドメイドと 動物と、 海と、 音楽が好き。 詳しいプロフィールは こちら ↓↓↓

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月29日 (金)

私の相棒☆

ついに来た!
私の新しい相棒、ホンダのライフ君!
実はストリーム君を溝に落としてしまったので、夫が見かねて…
もちろん新車を買うようなゆとりはないので 中古のものなんだけど、初めての自分の車ってことでもう嬉しくて!!

で、早速ドライブ。
ギアやサイドブレーキの位置も今までと違うので、とまどってしまう…
えっ、鍵が廻らない、窓が開かない、エンジンが掛からない…
結局わたしのやり方がおかしかっただけで、すぐに問題は解決。
それでは気を取り直してしゅっぱーつ!

んっ、すごい!
なにがすごいって、サイドミラーを見たら ラインまでかなり余裕がある。
道って広かったんだ~

いつも停めにくいので敬遠していたスーパーの駐車場にも挑戦。
う~ん、らくらく!

で、ひとまわりして帰ってくると、家の駐車場にもびっくりするくらいスムーズに入れた。
溝に落とすことも、ゴンってぶつけることもなく。
私って、本当は運転うまかったのかも~!

いやいや、車が大きかろうと小さかろうと 事故するときはしてしまうので、調子に乗っちゃだめだよ、私め!
本当に私は運転がうまくなりたい。
自分が交通事故を起こさないようにするのはもちろん、人のちょっとしたミスもカバーして避けれるくらいうまく。
慣れるしかないのかな…。
もう一度自動車学校に行き直すべき!?

ところで、ライフに乗った私を見かけても みなさんあおったりしないでくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年9月28日 (木)

給食

今日、チビベベ1号の学校で「給食学習会」に参加してきた。
「給食の試食会」だと思って参加した私は「学習会」と聞いて、ちょっとドキドキ!
とはいえ、実際構えるようなことは何もなかった。
給食のシステムについてのスライドを見たり、調理員さんたちからのメッセージを聞いたり。「へぇ~、そうだったの…」っていうこともたくさんあって、興味深かった。

Dsc02750 で、これが今日のメニュー。
食パンにスライスチーズを挟んで食べる「セルフサンド」と、ビーフンと野菜とお肉を炒めたもの、牛乳、バナナ。
見た目は地味だな~と思ったものの、食べると結構おいしかった。

ところで以前、「義務教育なんだから給食費は払わない」っていう親が多いと聞いたことがある。「給食費を払うくらいなら、家族で外食した方がいい」って。
でも私は、その意見には大反対!
給食って、本当にありがたい。
栄養のバランスがとれていて、いろんなメニューがあって、しかも安い!
もし給食がなくなってお弁当になってしまったら、給食レベルのお弁当を毎日作る自信が 私にはない。

そうそう、「給食の時、『いただきます』って言わせるな」っていう親もいるらしい。「ちゃんと給食費を払っている、恵んでもらっているわけではない」からという理由らしい。
それも違うんじゃないかと、私は思う。
恵んでもらっている。海の恵み、山の恵み、食べ物に感謝するのは当然のこととしても、
献立を考えてくれる栄養士さん。
材料を運んでくれる業者さん。
味付けや、衛生面にも気を配って調理してくれる調理員さんたち。
子供たちが配膳したり、みんなで楽しく食べれるよう見守ってくれてる先生たち。
いろんな物やいろんな人たちの手が加わって、バランスや“食育”が考えられた食事が食べられる。
たくさんの「恵みをいただいている」と思う、私は。
いくら給食費を払っていると言っても、お金は食べられないし。

と言うわけで、給食の有り難さを再確認した一日。
どうかこれから先も、給食がなくなったりしませんように!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年9月27日 (水)

アクセス解析を解析

今日でついに、アクセス数2000件を突破!やったぁ~☆
お役に立てる情報があるわけでも、お腹を抱えて笑えるような話題でもないのに見に来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。

ん、もしかしてこのブログ名「猫が…」を見て、猫好きな方が来られてるのかな!?
振り返ってみると記事数58件のうち、猫が出てくるのはひとつもない!
申し訳ないので…Dsc02660

←実家の「ごんちゃん」
夏やせのため、人相いや、猫相悪くなってます。
勝手に顔を公表されて、怒らなければいいのだけど…

さて、アクセス解析の中に「時間別」というのがあって 何時に何人の方が見てくれたのかグラフで出るのがあるんだけど、空想好きの私はそれを見ながら この時間にアクセスしてくれたのはどんな人なんだろう…って、ときどき考えてみたりする。
例えば午前10時や11時だと、朝のひと仕事終わった主婦のひとかな~、私のママ友かな…とか、お昼の12時や1時だと 働いてる友達が、お昼休憩に見てくれてるのかなとか。
驚いたことに、真夜中の3時、4時(もう朝方かな)頃に来てくれている方も結構いる。
眠れないのかな…
私も眠れないことは時々あるけど、あきらめの悪い性格なのでついつい寝ようと頑張ってしまう。
眠れなくて困っている人たちの癒しに、なんてとてもじゃないけどなれませんが、せめて暇つぶしとか、気を紛らわせるくらいの事はできるといいな…

今、これを見ていただいてるあなたはどんな人で、どんな時間なんだろう…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年9月26日 (火)

太極拳に挑戦!(その2)

昨日は床のふき掃除や穴掘り(?)をしたので、今朝起きたら体中の関節はガクガク、筋肉はパンパンで辛いのなんのって!
なのに今日は太極拳の日、恐怖のストレッチが…
とはいえただでさえ動きが覚えられずに、ついて行けてない私。休むわけにはいかない!

ということで、がんばって今日も参加。
いつもの通り、時間をかけてあちこちのストレッチ。
きゃ~!と思ったら、不思議と全然痛くなかった。むしろ気持ちいいかも!
固まっていた筋肉がほぐれたのか、まだ筋肉痛は残っているものの 結構楽に体が動かせるようになった。
本気でやるストレッチってすごい!

で、その後いよいよ入門太極拳へ。
この前漢字がわからなかった「きゅうほ」っていう足のポーズは、「弓歩」だということがわかった。(だから何?)
ちゃんと理解できたのはそのくらい。今日もやっぱり動きにはついて行けなかった。
足と手が連動しない!カタを覚えられもしない!
でもまあいいか。
本当にストレッチだけでも充分満足なので。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年9月25日 (月)

私の住んでいるところ。

空気が澄んで 空も海も青くて気持ちいいお天気だったので、カメラをもってお散歩。

Dsc02728 ←こちら側は海  Dsc02729

←反対側は山



相変わらず写真を撮るのがヘタな自分にびっくり。
本当はこの10倍きれいで感動的な風景なんだから!

Dsc02733_1 ←少し場所を変えてみる。 Dsc02732_1

←桜の木の間を透かして見える青空



どうしてこう目に見える風景と 写真になった風景とでは違うのだろう?
そのうち撮り慣れれば、ちゃんと見たように撮れるのかな…

Dsc02724 ←夕焼け。これも不鮮明。Dsc02727

←こっちは朝焼け。 



私が住んでるところは、海も山も近くて 下界には小さな町があるのでお買い物にも 外食にも飲みに出るのにも不自由しない。
近所の人たちは親切だし、友達にも恵まれてて最高の場所だと思う。
「住めば都」とはいうものの、なにもかもに感謝!    

※え~、友人Mさんに業務連絡…
「乗って帰る?」って聞いてくれたとき、この写真を撮ろうと思っとったんよ。
断ってごめんよ~                                                     

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年9月24日 (日)

ラブレター

その人のことを思うと 胸が暖かくなって、幸せな気持ちになって、それでいて大好きすぎてちょっと切なくなったりする。

その人が幸せになるためなら 私の幸せを全部あげてもいい。
でも、その人が幸せになるためには まず私が幸せでなければ。
だけどその人の幸せこそが、私の幸せ。

その人のために私は、外見も内面もきれいでいたい。
まっすぐ、正直に生きていきたい。

その人がいてくれるからこそ私は、自分のことが好きになった。
その人が「大好き」って言ってくれる私が、私も大好き。

こう言うとまるで恋してるみたいだけど、残念ながらこれは恋ではない。
“その人”って言うのは、実はうちのおチビちゃんたちのこと。
7歳と4歳の、チビベベ1号と2号。
普段とっても日本人な私は、「うちの子がね~、」とかの“うちの子自慢”はしないけど、本当はとっても大好きで心からの感謝でいっぱい。

でもこうやって書くと、さぞやさしいお母さんなんだろうな~って思われるかもしれないけど、私はよく怒るこわいお母さんだと思う。
「子供を自分の気分で怒ってはいけません」って、よく育児書なんかに書いてあるけど、正直なところ 気分で怒ってしまう事も多々ある。私も人間なので。(←言い訳するな!)
ところで“子供は怒らずにのびのびと育てたい”っていう考え方の人もいるようだけど、それはあくまでも理想だと思う。
悪いことをすればしかられる、人を馬鹿にしない、他人に迷惑をかけてはいけない、そういう基本的な事が分かっていての上での“のびのび”ならとても素晴らしいことだけど、そうじゃないことの方が多い気がする。

この前 私の両親と私とおチビたちとで買い物に行ったとき、エスカレーターの前でおチビたちがふざけはじめた。
明らかに乗ろうとしている人たちの邪魔になっているので、私はおチビたちに雷を落とした。
「人前で怒らんでもいいじゃろ、恥ずかしい~」と私の母親が言ったが、人に迷惑をかけているのに怒らない方が、私はもっと恥ずかしい事だと思う。

でも夜になって、天使のような(?)寝顔を見ていると、「今日は怒りすぎだったかな~」とか、「もっとやさしく注意することができないのか、私め!」と、反省したり滅入ったりもする。
なので今日はおチビちゃんたちへのラブレターで。
「ふたりとも大好きだよ。チュッ、チュッ!」(熱に浮かされているのかも私…)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年9月23日 (土)

私の言葉

友達にメールを打ちながら考えた。
その時の気分や相手にもよるけど、だいたいわたしは自分が話すそのままの言葉で メールを打っている。
そのままの言葉と言っても、私の場合標準語ではないので 変換するのがうまくできなかったりする。
例えば「知ってる?」を、「知っとる?」と入力するので、そのまま変換すると「嫉妬留?」となる。なので、最初に「知る」と入力して 真ん中に「っと」をいれるという面倒なことをしなければいけないのだけど、それでもどうしても、友達に標準語でメールすることはできない。
暇な私は、ちょっと例文を考えてみた。

<標準語バージョン>
今から図書館に行こうかと思ってるんだけど、Aさんも行かない?
私は郵便局に寄って行かないといけないので、もし行くんだったら先に行って待ってて。

<私バージョン>
今から図書館に行こうかと思いよるんじゃけど、Aさんも行かん?
私は郵便局に寄って行かんといけんけ、もし行くんじゃったら先に行って待っとって。

こうやって打ち比べると、<私バージョン>の方がやっぱり面倒だった。
友達から来るメールもだいたい私と同じようなものなので、私と同じ苦労をしながら送ってくれているのだろう。

ところでこの前、関西の人の関西弁のブログを発見した。
私の「関西」というイメージで言うのも申し訳ないけど、やっぱりとてもおもしろくて個性的なブログだった。
その人も入力するとき、面倒だったりするのだろうか?
私はこのブログを書くとき、普通に標準語を使っているつもりなのだけど、もしかしたら変な標準語もどきになっているかもしれない。
言葉って、難しい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年9月21日 (木)

ロハス(?)なお酒ライフ

いつの間にかもう9月も下旬。
いつもなら少し人恋しく、寂しくなってしまう時期。
でもここ数年、私はこの季節が待ち遠しくて仕方ない。
それはなぜか?
6月に漬けた梅酒が、そろそろ出来上がる頃だから!!

梅酒は、漬けてからだいたい3ヶ月で飲めるようになり、1年で熟成するらしい。
とてもじゃないけど1年なんて待っていられないので、3ヶ月後の丁度この時期から私は解禁してしまう。
9月の始め、うちに飲みに来ていた友人が 私の禁酒期間中に試し飲みをしたとき
「まだ漬け込みが足りない」と言っていたので(そのくせ3杯も飲んだ)しばらく待っていたのだけど、もういいだろう。
ロック、水割り、お湯割り、ソーダー割、… 飲み方はいろいろあるけど、私は軽く冷やした梅酒をストレートでキュッと飲むのが1番好きかな。

そう言えばホワイトリカーのパックに、他にもいろいろな果実酒の作り方が書いてあった。
レモン酒、いちご酒、ミント酒、ニンニク酒なんていうのもあった。
春に種をまいたミントが、まるで雑草みたいに庭の隅で茂っているので、次はミント酒に挑戦してみようかな。
ミントと言えば、ちょっと面倒だけどミントジュレップもいいかも!
なんだかロハス~!って思わない?ちょっと違うかな…

ミント酒は1ヶ月でできるらしいので、来月あたり友達を呼んで 梅酒とミント酒とミントジュレップの試飲会でもしよう。
試飲のつもりが、全部飲み尽くしてしまったりして…

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月20日 (水)

私にできること

この前、ユニセフから「ご協力のおねがい」の手紙とEメールが届いた。
このお知らせをもらう度いつも、罪悪感のようなものを感じて 胸が痛む。
私や、私の周りの子供たちはこんなに幸せなのに、私ができるのは募金やグッズを買うくらい。
しかもその募金のために、私が何かを諦めたり 生活レベルを落としたりするわけではない。
家にはテレビもパソコンもあって、車に乗って、毎日食事もできておやつも食べれて、髪を切るために美容院へ行き、毎月雑誌を買って、時々余計な衝動買いをしてしまう。
そういうことは何ひとつ我慢しないで、自分の身を痛めない金額だけ募金して良いことをしたつもりになったり、罪悪感を払拭しようとする自分が嫌になる。
自分がとても、偽善者に思えて仕方なくなる。
だからといってやっぱり、自分の生活を犠牲になんてできないと思う私がいる。
だかが私ひとりが全財産をはたいたところで、たいした力になれるはずもない。自分を犠牲になんて、おこがましいにもほどがある。
ならせめて、胸が痛もうが罪悪感を感じようが、少しでも開発途上国の子供たちの状態を知るべきかな。
目を反らしたり、知らないふりをしないように。

自己嫌悪を感じて、頭の中でいろいろ考えてばかりで結局何もしない、そんな頭でっかちな人間にはなりたくない。
偽善だろうがなんだろうが、とにかくそれで少しでも辛い状況に置かれた子供たちの役に立つなら、私は私にできることをするしかない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年9月17日 (日)

密かな野望

7月のブログで「自分の好きな夢が見れるようにコントロールする」っていう話を書いたのだけど、よく考えてみたら 私の方が夢に操られている気がする。

例えば、母親と喧嘩してて「もう絶対口きかん!」って思ってるときに、母親が病気する夢を見たりしたら「親孝行しなきゃな~」って反省したり、
楽しみにしていた旅行で アクシデントに遭う夢をみてしまったら、なんとなく行きたくなくなってしまったり…
これは結構女性に多いみたいだけど、全然眼中になかった人なのに、なぜか夢の中では恋人だった、という夢を見て それからその人のことが現実でも気になって仕方なくなったり…

で 思いついたのが、「人の夢を操れれば その人も操れるんじゃないか」ってこと。
カレー屋さんが、おいしいカレーを食べる夢をたくさんの人に見せれば、みんなカレーが食べたくなって大繁盛するんじゃないかとか、
どこぞの神社にお参りしたので良いことがあった、という夢を見させて参拝客を増やしたり、
この政党を応援すれば、国家安泰みたいな夢で、票を集めたり…
「夢で世界征服」すらできそうな勢いじゃない?

大変!これを悪の組織に読まれてたらどうしよう!
なーんて事はないにしても、夢って本当に不思議。
それとも、こんなに夢に操られてしまうのは、わたしだけなのかな?

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2006年9月16日 (土)

うちのストリーム君

私の夫は、とても車好きな人。
なので自分の車も、とても大事にしている(していた!?)。
私が免許を取ってしまうまでは…

やっと私は先月初心者マークが外れたばかりの身なのだけど、今まで2回後ろのバンパー(?)を「コンッ」とやって、2回タイヤのホイール(?)を「ガリッ」とやってしまった。
一番最初の時、おそーるおそるうち明けると、夫は血相を変えて駐車場まで飛び出した。
で、とういう状況でどんなふうにしてぶつけたのか、詳しく聞かれた。
車が大事な人なので、きっと怒られることはわかっていたものの それが想像以上だったので私は、怒られたことに対して怒り返してしまった(つまり逆切れ。)!

後で考えると、例えば私が大枚はたいて買ったお気に入りのバッグを(そんなものは持ってないけど)夫に貸したら、傷を付けて返されたようなものだな~、それなら私はもっと怒ってるかも…と考えて申し訳なくなったのだけど、私の運転技術は上達しないので、結局また「コンッ」と「ガリッ」をやってしまった。
でも最初の逆切れに懲りたのかあきれたのか、もう夫は怒らなかった。

ぶつけたとか擦ったとか外見上の問題だけでなく、私の運転は車の中身にも良くないことをしている気がする。
例えば急ハンドルとか急ブレーキとか、狭い駐車場で車を動かさずにハンドルを回したり…。
最近エンジンの調子が悪いのも、わたしのせいかも。
他にも、車に乗り降りするときに 手に持った荷物をドアにぶつけたり、指輪をしたまま運転したらしきキズを ハンドルにつけてしまったり、なんでもないようなことだけど 夫と彼のストリーム君にとって私は、脅威の存在かも…
「ごめんね、旦那さん。ごめんね、ストリーム君。」

私は私の車が欲しい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月14日 (木)

あれれ…

昨日はあんなに大々的に宣言しておきながら、今朝起きたらすっかり元気になってました。
昨日の記事を読んでくださった方々、お騒がせしました。ごめんなさい!

朝方、“世界が破滅する”っていう悪夢を見たのですが、目が覚めたとき「それに比べれば多少のことはなんでもないな」って思えて…
高校の時、英語の先生が
 “This is not the end of the world”(これが世界の終わりではない)
っていう言葉を教えてくれたことを思い出しました。

私のココロのつくりが、深く悩んだり長く落ち込んでたりできない、のんきで忘れっぽいものだっていうのも あるんだと思うのですが…

と、いうわけで今日から復活!です。(えっ、昨日からまだ1日も休んでないじゃないかって!?)
さあ、今日もがんばるぞ! おぉ~っ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月13日 (水)

モブログから…

只今落ち込み中。こんな時は暗ーい文章になってしまいそうで嫌なので、少しの間更新をお休みします。コメントにもお返事できないかも…。本当に勝手でごめんなさい!いつも見に来ていただいてる皆様、ありがとうございました。そのうち復活すると思いますので、その時はまたよろしくお願いします☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年9月11日 (月)

涼しくなってきましたが…

私は怖い話が大好き!
映画も、ドラマも、本も、人の体験談も!
でも実はすごーい恐がりなので、自分に危険がありそうな「心霊スポットめぐり」や、「心霊写真探し」や、怖い話をするたびにろうそくを消していく「百物語」は絶対にイヤだったりする。
あくまでも自分は安全な状態で 他人の怖い話が聞きたいという、身勝手な人間なのだ。

先日もテレビで怖い話の短編集をやっていて、「鏡の中から突然手が出てきて、主人公を掴む」といういかにも…な場面で、その前から先が読めていたにもかかわらず私はやってしまった。
びっくりして“飛び上がって”しまったのだ!
本当に5㎝くらいはねあがっていたと思う。
体育座りで片手で膝を抱え、もう片方の手は膝で支えて頬杖ついて見ていたので、勢い余って自分の顔をパンチもしてしまった。

先もわかっていて ありがちな場面なのに、なんでこんなにどっきりしてしまったんだろ~
よく比喩で「飛び上がるほど驚いた」って言うけど、本当に飛び上がる人は初めてだ!(自分のことだけど)
そう思ったらおかしくて、今度はけらけら笑ってしまった。

私より前でテレビを見ていた夫は そんなこととは知らず、テレビよりも 怖い話を見ていて笑い出した 私の方を不気味がっていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年9月10日 (日)

試しに…

日曜日だというのになんだか退屈な1日だったので、試しに「マイフォト」のアルバムを作ってみた。
コンテストやキット用のデザインを買ってもらうための一次審査も写真でなのだけど、私は写真を撮るのがとてもヘタ。
写真家の友達が この前遊びに来てくれたときに、いろいろコツも教えてもらったりしたんだけどやっぱり駄目だった。
センスがないにもほどがある!

なのでこのアルバムの写真も とても見にくいとは思うのですが、興味のある方は見てみてください!
作品に関する感想やアドバイスをいただけると、勉強になります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年9月 9日 (土)

劇的!ビフォーアフター

昨日、ナリスビューティーアドバイザーさんたちの1日メイクアップ講習会に、友人のつてで一緒に参加させてもらった。
最初は、この前貸してもらったメガビューティーを使ったスキンケア方法を教えてもらい、その後新商品できれいな下地作りと「秋色メイク」を習った。
今年の秋は女性らしさを生かした、やさしいムードの色が流行ってるらしい。
なので、アイラインも 今までみたいに黒でラインを引くのでなく、まずブラウンのペンシルで上瞼を描き、その後明るい色のパウダーをアイホールにのせながらそのラインをなじませ、濃い色(私の場合カーキ色)を目尻側に太くおいて、最後にリキッドのアイライナーでさっと線を引いた。
すると、おどろくほど目元がぱっちり!
でも、いかにも「描きました」って感じじゃないので、これはいいかも!

で、リップはこれまで、「目元をしっかり描いたときは、口元はヌーディーに」が鉄則だったのだけど、結構リップラインもちゃんと描いたメイクが今年風なんだって。

そうそうチーク!
今まで私は、まるでおてもやんみたいに ほお骨のところにまーるく塗っていたのだけど、フェイスラインから内側に向かってスーっと引くと、ぐっとおとなっぽくなった。

とても楽しかったし、いろいろ使える技や今年風メイクも教わって、大満足!
オンナは化粧ひとつですごく化けれるんだなって、再認識した。
ただ問題は、今日使ったアイテムがとっても欲しくなってしまったこと!
化けるのにもお金がかかるのだ~      

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2006年9月 7日 (木)

眠れない…

寝ようと思って布団には入ったんだけど、頭が痛くて眠れない…。もう何時間もごろごろ寝返りうちながら、眠気を待っているというのに!それでも眠れないので、布団からモブログで更新。「薬を飲むべきか、飲まざるべきか、それが問題だ!」まさに どこぞの王様の気持ち。今更薬飲んだら、明日起きれないだろうなぁ。あー、頭痛い…

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2006年9月 5日 (火)

太極拳に挑戦!

8月から申し込んでいた 太極拳教室が、今日ついに始まった。
子供の頃から空手や太極拳が習いたかったのと、頭痛、肩こり、貧血に低血圧、めまい、動悸息切れ、蓄膿症、まるで薬のパッケージみたいに並ぶ体調不良、おまけに風邪もしょっちゅうひいているし、この不健康の塊みたいな体をなんとかできないかな…っていうのもあった。

話にきいていたとうり、行ってみると年輩の方が多かった。
ところで、参加説明書には「運動のできる格好と室内シューズで。」と書いてあった。
普段運動には縁のない私は、スポーツウェアというものを持っていない。
あわててタンスから探し出した、くしゅくしゅスパッツにキャミワンピを着て、その上からタンクトップという、「なんちゃってダンサー」みたいな格好で行ったら、見事に浮いてしまった。
まぁそれはさておき…

最初の二十分くらいは開校式と説明、簡単な自己紹介をして、それからストレッチが始まった。
ストレッチといっても、ただ曲げ伸ばしではなく、自分の筋肉や骨格を意識しながらのストレッチだった。
汗をかくほどの運動ではないが、これがかなり気持ちいい!
今まで家で 自己流でやってたストレッチとはぜんぜん違う!
ひととうりのストレッチが終わった後、肩こりと頭重感がすっきりしたような気がした。
私、健康になれるかも!?

最後には二つほど、太極拳のポーズというか、動きを習った。
きゅうほ(漢字?)という足の位置と、それで前に進む動きなんだけど、いきなり挫折!
覚えられない…

まあ初日だし、こんなもんでしょ。太極拳は、おばあちゃんになっても続けられるスポーツだというし、その頃までにはいろんな動きもマスターしているはず!?

| | コメント (4) | トラックバック (4)
|

2006年9月 4日 (月)

鍋はじめ

朝起きて窓を開けると、ひんやーりとした風。
もう秋だなーって思ったら、鍋が食べたくなった。
という訳で、家族からの大きな反対もなく、今日の晩ご飯は鍋に決定!
鍋はじめということで、無難な水炊きにした。
我が家は夫が鍋作り担当なので、私はのんびりと花に水やり。いやいや、楽したいから鍋がいいって言った訳ではないので、悪しからず…。
で、出来上がった 今シーズン初の鍋は、やっぱりおいしかったぁ☆ 
鍋を食べると、なんだか平和な気持ちになるよね!(私だけ?)
だけど食べ終ったあと、みんな汗だらだら… 結局エアコンをつける羽目に。鍋にはまだ早すぎたかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年9月 3日 (日)

さくらんぼの詩

Dsc02650_1 私の大好きな、はぴさんのブログCandy Tea Timeを見ていて、子供の頃よく食べていた「さくらんぼの詩」という飴のことを思い出した。

思い出したらどうしても食べたくなったのだが、そういえばこの飴 コンビニでもスーパーのお菓子売り場でも見たことがない!
もう廃盤になってしまったのかな…、とがっかりしていた矢先、偶然にもみつけてしまったのだ!
なんと自分の職場の、隣のおもちゃ売り場で!

というわけで、最近仕事に行くたび 「さくらんぼの詩」を大量に買い込んで帰ってくる。
はまってしまうと、そればかり飽きるまで食べてしまう習性があるので、私は。

すっかり忘れていたのだが、他にも「のいちごの小径」と、「クリームソーダ」っていう仲間までいたのだ!

小さなパッケージなので、バッグにもすっぽり、持ち運びに便利!
ひとつ63円と、お手ごろ価格!(って、宣伝してしまってるし…)

とは言え、3つの味に飽きるまで 私はどれだけ散財してしまうのだろう…

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年9月 2日 (土)

新しいお酒の楽しみ方

今日、家族ぐるみで仲良くしてもらっている友人ファミリーが、遊びに来てくれた。
「一緒にご飯でも…」って感じだったので、もちろんお酒付き。
でもわたしは、ついこの前禁酒宣言したばかりなので、飲むわけにはいかない。

「え~、少しならいいじゃん」とか、
「旦那さんに飲むなって言われた訳じゃないんでしょ」ってすすめられたのだが、不思議とそんなに飲みたいとは思わなかった。

なので、自分はしらふのまま みんなが酔っていく行程を観察できた。
いつもなら、一緒になって自分も酔っぱらっているのでわからなかったのだけど、これはおもしろい!
顔が赤くなっていく、とか目が据わってくる、とかいった見た目の変化ではなくて、人生を語り始めたり、気持ちがおおきくなって 子供のいたずらが気にならなくなったり、ちょっとのことで笑えたり…

とは言っても、しらふの私が酔ってる人といて楽しいのは、それが楽しいお酒だっていうことと、その人たちに好意を持っているってことがあるからだと思う。

相手が酒癖の悪い人だったり、嫌だけど付き合いで仕方なく…って感じのお酒なら、自分も酔わなければやりきれないかも!?
でもそれって、悪酔いしそう。

まあ、大好きで楽しい人たちとなら、お酒があっても無くても 結局のところ楽しいと、そういうことかな。

で、結局私は禁酒宣言を守れたかと言うと…
さぁ、どうでしょう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »