フォト

自己紹介

  • べべです。
    ハンドメイドと 動物と、 海と、 音楽が好き。 詳しいプロフィールは こちら ↓↓↓

« 冬(1) | トップページ | 子猫騒動! »

2006年11月13日 (月)

帰り道

 ぴんと張った空気
 
金木犀の甘い香りをふくんだ風
 
紫色の空へつづく
 秋の道を歩きながら
 わたしは
 もうすぐやってくる冬が
 ほんとはそんなに嫌いじゃなかった事を
 思い出す

 そうだ
 夏があまりにも退屈だったから
 そのまま終わってしまうのが
 悲しかったのだ



この詩はここで終わってます。
たぶんまだ続くはずだったのだけど、もう書けません。
なんだか中途半端な終わり方ですが…

それよりわたし、冬好きだったの?
そのことが驚きです。
確かに冬って、俳句が作りやすい季節でした。
行事が多いし、景色がきれいなのはもちろんですが、いろんな事柄にストーリーが隠れてる気がします。
ほっぺを真っ赤にして走る子供たち、白いコートの女の人、北風の中でもピシッと歩く男の人、ベビーカーの中で毛布にうずもる赤ちゃん…
玄関の前の雪だるま、片方だけ落ちている手袋、白波の中の釣船…





|
|

« 冬(1) | トップページ | 子猫騒動! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192950/12676030

この記事へのトラックバック一覧です: 帰り道:

« 冬(1) | トップページ | 子猫騒動! »