フォト

自己紹介

  • べべです。
    ハンドメイドと 動物と、 海と、 音楽が好き。 詳しいプロフィールは こちら ↓↓↓

« あね、いもうと(真似です。) | トップページ | うたた寝 »

2007年2月 4日 (日)

指輪作り!(2)

24時間経って、乾燥終了。
Dsc03115 この時点でもしひび割れが見つかったら、ペーストで補修、そしてまた乾燥させないといけないんだけど、それはなくひと安心。

で、次はヤスリを使って、表面の凹凸をなめらかにしたり、バリとりなどの作業。
これは細心の注意をしなくてはいけない。
力を入れすぎて割らないように、削りすぎないように。
ここでの作業が、仕上がりに大きな差を付ける。

Dsc03116 そして焼成。
本当はガスコンロの上に専用の金網を置いて焼くのがいいんだけど、面倒なのでいつもこのポットを使っている。
実はこのポットは、PCM3っていう“600℃以上の温度で焼成可能”のシルバー粘土専用ポットなので、普通のシルバークレイに使ってはいけないんだけど、まぁこれでも680℃~700℃にはなるそうなのでよしとする。(きちんと作りたい人は真似しないように!)
強度UPのため、二度焼き。

Dsc03117 ←そして焼き上がったもの。(写真左側)
まだ真っ白で、シルバーっぽくないけど、これを磨いてぴかぴかにしていくのがわたしには1番楽しい作業。
Dsc03118 磨くのは、まずステンレスブラシをつかって表面の白い粉を落とし、仕上げは金属へらで傷つけないように丁寧に磨く。

この時、作品のイメージや自分の好みで、研磨方法を変えて仕上がりを変えるのもおもしろいと思う。 
ちなみにわたしは、三日月の部分をステンレスブラシだけのつや消ししあげに、残りの部分は磨きへらで鏡面しあげにと、変化をつけてみた。

Dsc03119 ←で、石枠にジルコニアをはめて完成!

「買ったように」とはいかないけど、不器用なわたしにしては なかなかいい感じかも!と自己満足。
ちょっと失敗したのは、やっぱりサイズ。
少し大きすぎた。
「適当に。」なんて言わず、やっぱりきちんと測るべきでした。

|
|

« あね、いもうと(真似です。) | トップページ | うたた寝 »

コメント

すごいなぁ、べべさん。
べべさんの気持ちの込められた指輪。
少しばかりの失敗は良いじゃん。
佳の好きなピアニスト、フジコも言ってるよ。
「少しばかり間違ったって良いじゃない、機械じゃあるまいし」って。
ようは、心と気持ちなんですねぇ。

投稿: 佳 | 2007年2月 4日 (日) 22時45分

素敵なデザインだね。
 …ブランド“べべ”ってどうよ。いいと思いません?

興味があったのでクラフトショップで“シルバー粘土”を探したけど見つかりませんでした。(+_+)

投稿: チュービー | 2007年2月 5日 (月) 21時28分

☆佳さんへ
仕上がりのザツさとか、その程度の失敗ならまあどってことないのですが、やっぱりサイズの失敗は使えません。
はめてても、スポッって飛んでいきそうで…
なので、皮ひもでもつけてネックレスにします。
指輪はもいっかいつくるんだぁ~♪


☆チュービーさんへ
ブランド名考えてくださったんですか。
じゃあブランド興したあかつきにはチュービーさんに広報担当をお願いしますね。

シルバー粘土ありませんでした?
そういえばうちの手芸店にもないですね。
東急ハンズとかにはあるかも。
それでもなければやっぱり通販ですね。
シルバーは男性用アクセにも雑貨にも幅広く使えるので、オススメです。

投稿: べべ | 2007年2月 5日 (月) 22時09分

 サイズがデカイ、デカイと何度も強調するでねー!オカアチャンの指はどんだけ太いのさ?って話じゃんっ
 本人が見てないと思うて油断したんけ?
何も知らずに、貰って喜ぶ母チャンの無邪気な様を想像すれば、不憫でならねえだ(涙)

投稿: ムイムイ | 2007年2月 5日 (月) 23時31分

ほんとじゃね。おっしゃるとおりです。
「ごめん、お母さん」
訂正します。
そういうとこ、きがつかんのよね~。
思いやりってものが足りないのかも…
これからは気を付けます。

投稿: べべ | 2007年2月 6日 (火) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192950/14494721

この記事へのトラックバック一覧です: 指輪作り!(2):

« あね、いもうと(真似です。) | トップページ | うたた寝 »