フォト

自己紹介

  • べべです。
    ハンドメイドと 動物と、 海と、 音楽が好き。 詳しいプロフィールは こちら ↓↓↓

« 体質? | トップページ | 水菜で »

2007年3月 1日 (木)

おとなになるって…

わたしはよく泣く子供だった。
“箸が転んでも可笑しい年頃”ってよく聞くけど、わたしの場合は“箸が転んでも泣く”だった。
なんでもない小さなことに傷ついたり、悲しくなったりして、本当によく泣いていた。
でもそのころは、「こんなにすぐに悲しくなって泣いてしまうのはそういう年齢だからで、きっと おとなになればそんなことはなくなるだろう。」って思っていた。

それから何年も過ぎて、年齢だけはおとなになったけど、やっぱりわたしは“よく泣くおとな”だった。
世の中に、悲しいことは溢れていた。

ひざを抱えて じっとうずくまって
悲しみが集中豪雨のように降りつづくなか
ずっとそうやって やりすごしてきた

そのうち気がつけば 日が当たって
ほっと一息 
おおきく伸びできるときが来ていた

そんな感じの繰り返し。
でもそれは、楽で心地よいことだったのかも。

本当に苦しいのは、悲しくても立ち上がって前に進むことだとわかった。
例え、夜にはひとりで泣き明かしたとしても、朝になれば起きて、顔を洗って、ご飯を食べて、働かなくてはいけない。
ずっとうずくまって、泣き続けているほうがラクだけどね。

わたしにとっての“おとなになる”っていうのは、悲しいことに鈍感になることでも、泣かなくなることでもなかった。
悲しくても涙を拭いて、いつもと同じように生きていくことだった。

|
|

« 体質? | トップページ | 水菜で »

コメント

明るくて優しい、ベベさんが悲しむなんて想像できません。嘘でしょう。でも電気屋さんで気分が悪くなると、信じるしかありませんね、大変なことですよ、一回ドクタ-にカウンセリングしてみてください。潜在意識の中に引っかかる何かがあるはずです。時間はかかりますが心が楽になりますよ。

投稿: 凡夫 | 2007年3月 1日 (木) 18時48分

どんな人にだって、悲しいことはありますよ。
しかもわたしは、明るくも優しくもありませんから!
電気屋さんで気分が悪くなるのは、精神的なものとは何にも関係ないですよ。
においと音が苦手なんです。
偏頭痛持ちなので…
お心遣いありがとうございました。

投稿: べべ | 2007年3月 1日 (木) 23時43分

ホント~に、姐さんってば子供の頃からよく泣いてたもんね~
「ホラ、泣くぞ、もう泣くぞ…」って、言われるだけで泣いてたもん。一種の才能だね。ちなみにムイは滅多な事じゃ泣かないよ♪悲しい事、辛い事は例え他人から「逃げてる」って言われても見ない振りして踏み潰していくんだもん。
辛いときには、自分を、世の中をおちょくって笑い飛ばしてやるんだよ。一人ぼっちで泣きながら朝を迎えるよりずっと楽♪ま、この頃じゃ辛い事自体お目に掛からなくなったけどね…

投稿: ムイムイ | 2007年3月 2日 (金) 00時04分

同じ家で育った姉妹なのに、なんでこんなに違うんじゃろね~。
ムイのそーゆうとこ、尊敬するよ。
まあ、ムイのぶんまで泣いとってあげるけん、ねーちゃんのぶんまで笑っとって!
んで、後でふたりで足して割ったらちょうどいいんじゃない?

投稿: べべ | 2007年3月 2日 (金) 19時19分

お断りよっ!なんてモノグサな姐さんなのさ?
こちとらただでさえ笑いのツボが多くって日々バカ笑いの毎日を送ってるってぇのに、姐さんの分まで笑ったりしてたら笑い死んじまうじゃないのさ(怒)自分の分は自分でしっかり笑っとくれ♪あたしゃそこまで面倒見は良かないんだからね!
ところで、やっとまろにゃんが表情を変えるようになったよ♪やっぱし疲れてたのかねぇ?

投稿: ムイムイ | 2007年3月 2日 (金) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192950/14494732

この記事へのトラックバック一覧です: おとなになるって…:

« 体質? | トップページ | 水菜で »